カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀悼-坂東三津五郎丈
2015shinshunasakusa今年の新春浅草歌舞伎で、「独楽売(こまうり)」を踊る 坂東 巳之助丈を、こんなにもお父さん(坂東三津五郎丈)に似ていたのだと目を細めて感慨深く見ていました。
それは1月のこと。
今日は、耳を疑うような三津五郎丈ご逝去の報に接しました。
テレビで知ったのですが、『独楽売』の舞踊は、家に伝わる演目だそうです。熱心に息子に教える三津五郎丈の映像に残る最後の姿として紹介していました。

坂東三津五郎丈は、舞台に立つだけで場が華やく存在でした。
舞踊や所作に優雅さが感じられ、魅了されました。
ユーモアを忘れない話し方が好きでした。
思い出されるのは、2年前の花道会 歌舞伎セミナーでの三津五郎丈のお話です。
(その時の思い出のブログはこちら

三津五郎丈の役で好きだったのは、
『蘭平物狂』蘭平です。息子の繁蔵の名を呼ぶ声が、今でも忘れられません。(2009年2月の観劇録はこちら

思い出の観劇録を記します。
歌舞伎を見始めて、自分の感じたその面白さを皆に知ってもらいたくて、歌舞伎を観る度に「ここが面白い!」と書いていた時期がありました。
そこにはいつも三津五郎丈の姿があったことを、観劇録を振り返って痛感しました。
日本の伝統芸能を知るきっかけと、奥深く知る喜びを教えてくれたことに感謝します。
三津五郎丈、ありがとうございました。これからも歌舞伎を見続けていきます。ご冥福をお祈りいたします。

『喜撰』喜撰法師(2008年5月の観劇録はこちら
『将軍江戸を去る』将軍慶喜
そして勘三郎丈との名コンビぶりで客席を沸かせた『浮かれ心中』太助(2008年4月の観劇録はこちら
『通し狂言 怪談 牡丹灯籠』原作者の三遊亭円朝に扮していました(2007年10月の観劇録はこちら
『ゆうれい貸屋』桶職弥六。弥六の男っ振りが気に入った幽霊のお染に中村福助丈。(2007年8月の観劇録はこちら)
新作舞踏劇『たのきゅう』(2006年8月の観劇録はこちら
『南総里見八犬伝』では、左母二郎から犬山道節への早変わり(2006年8月の観劇録はこちら
『傾城反魂香』又平(2006年5月の観劇録はこちら
『権三と助十』助十(2006年5月の観劇録はこちら
『伊勢音頭恋寝刃』(油屋、奥庭)福岡貢(2005年8月の観劇録はこちら

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。