カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Matilda the musical』in London
201402matilda看板正面
ロンドンに到着早々、Cambridge theatre へと向かいます。


トニー賞も受賞し、今や人気のミュージカル作品『Matilda the musical』を観たのは、ちょうど2年前。
プレビュー公演からオリジナルキャストとして、主人公のマチルダの兄に、あのレミゼ25周年記念コンサートでガブローシュとして参加していたロバート•マッジが扮していたことが、観たいという想いに拍車をかけました。
事前に翻訳された原作を読み、映画も観て、なにしろ英語の上演ですから、初の作品を楽しむために出来るだけのことをして備えました。
(2012年の観劇録はこちら



下は開演前の劇場内の写真です。
今も、セットにあるパズルのような文字を、観客が単語を探して読んで楽しんでいる光景が見られました。

201402matilda劇場内全体201402matilda劇場内アップ

この作品の原作は、イギリスでもよく読まれている児童文学です。
作者は、映画『チャーリーとチョコレート工場 [DVD]』でも世界的に知られているロアルド・ダール

そしてロンドンでは『チャーリーとチョコレート工場』のミュージカルも上演中。
(ロンドン公演の公式サイトはこちら)

さて『Matilda the musical』の物語は、あまり教育に熱心でない両親の元、早くから字を読めたマチルダは、本をたくさん読んで賢く育ちます。
学校では並々ならぬ才能に気付いた担任の協力で、マチルダはその才能を超人的に伸ばしていくのです。
しかし、彼女の通う学校には、全校生徒が恐れる女の校長の存在が。
権力を振りかざす校長は、気に入らない子どもの髪を掴んで振り回し放り投げたり、耳を引っ張って伸ばしたり、ケーキをつまみ食いした生徒に皆の前で大きなケーキを一台食べさせたり、とにかく彼女の機嫌を損ねた時にしでかすことには度肝を抜かれます。

原作のエピソードどおりに見せてしまうところに、舞台ならではの作品の仕掛けもあり、すっかり作品の世界に入り込んでしまいます。
客席の通路を舞台の延長として、身近で子どもたちの爆発するパワーを歌と躍りで見せるのも魅力。
理解する大人に見守られて、子どもが自身の力で幸せを掴む物語に、観客は想いを寄せて観ているのかもしれません。
小学生くらいの年頃の観客が多いのはもちろんんこと、10代後半とみられる世代の男女のグループ、そして孫からおじいちゃん、おばあちゃんまで一族で観に来ています。
Matilda the musical』が、皆に愛される作品へと大きく成長しているのを見届けました。

(Cambridge theatreにて)

☆原作の翻訳本。
「マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)」
マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)
(2005/10)
ロアルド ダール


☆こちらは英語版。
MatildaMatilda
(2007/08/16)
Roald Dahl


☆輸入版の映画DVD。
Matilda [DVD] [Import]Matilda [DVD] [Import]
(2004/06/21)
Danny DeVito、Rhea Perlman 他


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。