カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Billy Elliot』in London
Victoria Palace Theatre夜2005年からロングランで上演されている作品です。
ロングラン作品と言えば、今も上演されているあるミュージカルのマチネ公演で期待を裏切られたことがありました。
長期間の上演での「ダレ」でしょうか?適材適所とは思えぬ配役が作品を損ねてしまったのです。

しかしこの『Billy Elliot』に関しては、そんなことは要らぬ心配でした。
少年が主役ということは、次々と新しい才能が登場することを意味します。
大人のキャストは、まるで彼らに触発されているように見えました。
それは『Matilda the musical』も同じこと。(観劇録はこちら
プログラムを見ると、(2014年2月)現在の出演者を含め36人ものBillyがいたことがわかります。
そして現在Billy Elliot役の4人のプロフィールを読むと、海外からロンドンの舞台を目指す者もいて、この作品がわずか十代前半の彼らの運命を変えてしまったことが伝わってきました。

Billy Elliot Mitchell Tobin写真私が観た回のBillyは、Mitchell Tobin
1月から加わった13歳の彼は、この舞台に出る前は、アメリカのツアー版『Billy Elliot』で同役を演じていたようです。
その彼がここロンドンでBilly Elliotを演じるために、家族と一緒にイギリスにやって来ました。(公式サイトのCAST プロフィールはこちら
体は小さいけれど、4人のBillyの中では一番年上の彼の覚悟と、周囲の期待を感じながら読みました。
そんな舞台では、大人のキャストの支え、そして牽引する力が、「今そこで起きている」緊張感を生み出しています。
Billy Elliot役は、バレエ未経験者が次第に上達して、ついには名門のバレエスクールに入学を許されるまでの実力を、その身をもって見せなくてはなりません。
その結末には、彼がプロのバレエダンサーになることが暗示されています。
難度の高い技を、正確に。
そしてエルトン・ジョン作曲のミュージカルナンバーまで歌うのです。

一生でほんの短い間をBilly Elliotとして真剣に舞台で 生きる、そんな才能ある少年たちの魂の込められた作品が色褪せることは無いでしょう。

ところで、かつてBilly Elliotを演じていた少年は、どんな道を歩んでいるのでしょう。
初演のオリジナルメンバーの中でも人気の高かったLiam Mowerが、映画『リトル・ダンサー』でBilly Elliotが将来踊るマシュー・ボーンの『SWAN LAKE』に1月から加わったとうニュースがありました。(記事はこちら

★そしてマシュー・ボーンの『SWAN LAKE』でのLiam MowerのCASTプロフィール

(Victoria Palace Theatreにて)

☆『Billy Elliot』ロンドン オリジナルキャスト版CD
Billy ElliotBilly Elliot
(2006/01/10)
Various



☆マシュー・ボーン振付、アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ『SWAN LAKE』DVD
白鳥は映画『リトル・ダンサー』のエンディング同様にアダム・クーパーです。
チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]
(2012/03/07)
アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ



☆映画『リトル・ダンサー』DVD
リトル・ダンサー [DVD]リトル・ダンサー [DVD]
(2013/11/06)
ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ 他


スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。