FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『CHESS in Concert』東京公演(12/12-15)
CHESS in Concert』の再演です。
かつてロンドンでミュージカル版が上演されて話題になっていたものの観ることが叶わず、舞台となった国々の関係も変わっていく中、一体どんな作品なのかと思いを馳せていたところ、近年は世界各地でコンサートバージョンとし人気を博していました。
そして、ついに日本でも上演されたのが2012年1月(観劇録はこちら)。

ほぼキャストは同じですが、今回は物語の進行役でもあるチェスの審判アービター役にマテ・カマラスが配されています。
マテが日本語を話し、物語を進行させていても・・・もう驚く人はいないでしょう。
カーテンコールの様子から察するに、歌うように耳から覚えて語っているようです。
ウィーンミュージカル『ELISABETH』ウィーン・キャスト 実況ライブ DVDで、ドイツ語で歌い上げる本場のトートはこんなに力強いんだと遠い国のスターとして観ていた彼が、目の前で日本語としての抑揚を身に着けて流暢に語っているなんて。
日本のミュージカルファンを満足させ、唸らせる当の本人の技量と努力は計り知れません。
(2007年1月に初めて聴いた『エリザベート来日記念コンサート』の観劇録はこちら

日本の演出では、アービターは「自分こそルールだ!」と威厳たっぷりに豪語する歌から、視覚的にもかなり象徴的な存在として描かれています。

作曲・作詞・ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース
原案・作詞・ティム・ライス
演出・訳詞・荻田浩一、音楽監督・島 健

※公演の詳細は梅田芸術劇場の公式サイトで。

(国際フォーラム ホールCにて)

☆ロンドンのロイヤルアルバートホールで上演されたコンサートバージョンDVD。
Chess in Concert [DVD] [Import]Chess in Concert [DVD] [Import]
(2009/09/14)
Josh Groban、Idina Menzel 他



☆こんなの見つけました。ロンドンでミュージカルの舞台が上演される前の舞台音楽のようです。
Chess (1986 London Concept Cast - 1997 Polydor Slimline Release)Chess (1986 London Concept Cast - 1997 Polydor Slimline Release)
(1990/07/31)
Various




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。