カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ピグマリオン』(11/13-12/1)
201311ピグマリオン映画『マイ・フェア・レディ』の元になる戯曲です。
映画は驚くほど戯曲に忠実だったことを実感しました。ただしラストシーンを除いては。
そして女性の描かれ方の、なんと繊細なことでしょう。
イライザの成長が軸となっているのは周知のこと。
実は男たちがイライザに翻弄されている、そんな彼らの様が喜劇でもあります。

男性陣に対して、使用人のミセス・ピアス(増子倭文江)をはじめとして、ヒギンズの母・ミセス・ヒギンズ(倉野章子)、そしてイライザ(石原さとみ)の現実的なこと。
冒頭ではそれらの現実的な物言いが鬱陶しく感じられることもありましたが、イライザがレディとしての振る舞いを身に付けていくにつれ、彼女たちの意志の強さに魅了されるようになりました。
なぜイライザは、ヘンリー・ヒギンズ(平岳大)の罵倒に耐えて、貴婦人の言葉遣いを身に付けることができたのでしょうか。
幼くして自立しなければならなかった彼女は、女だからと身を売ることもせず、真っ当に花を売ることで生計をたてることを自負し、毅然とした志を持って生きてきました。彼女なりに。
そんな彼女に芽生えた向上心。
ヘンリー・ヒギンズの、高級なデパートの売り子として働ける言葉遣いを自分なら教えられる、という言葉を頼りにやって来たイライザ。
(相場は別として)ちゃんと月謝を払うつもりの、なんとも気高い彼女なのです。
思い出すだけでも目頭が熱くなってきました。

イライザをどういう待遇で屋敷に置くのか、きっちり確認するミセス・ピアス。
そして、イライザの貴婦人ぶりに賭けに勝った喜びようのヘンリー・ヒギンズとピカリング大佐(綱島郷太郎)。
そんな彼らにピシャリとイライザの将来について問い、浮かれる行為をたしなめるミセス・ヒギンズ。
さらにミセス・ヒギンズの素晴らしいところは、今や大金持ちとなったイライザの父親(小堺一機)の結婚式に参列しようとするところ。
彼女が参列することにより、イライザの父親の世間での立ち位置が立証されるという思慮深い想いやりと貴婦人としての責務を果たす姿。

若い石原さとみが演じるイライザを、周囲の女性陣が温かい眼差しで支えている、そんな作品に見えました。

いち早くイライザに恋をしたフレディ(橋本 淳)ですが、残念ながら母親(春風ひとみ)と妹と比べると頼り無く感じられます。

「辛辣」と称されるバーナード・ショー、イライザと周囲の人々のあるべき姿が描かれています。
ヘンリー・ヒギンズたちを叱責するミセス・ヒギンズの言葉にハッとしたことでしょう。

作・ジョージ・バーナード・ショー、翻訳・小田島恒志、演出・宮田慶子
美術・松井るみ、照明・沢田祐二、音楽・かみむら周平、音響・高橋 巖、衣裳・半田悦子、
ヘアメイク・川端富生、振付・青木美保、演出助手・高野 玲、舞台監督・澁谷壽久

※詳細は新国立劇場の公式サイトで。

(新国立劇場 中劇場にて)

☆『ピグマリオン』翻訳は今回上演と同じ小田島 恒志。
【「後日譚」(登場人物たちのその後を描いたもの)も完全収録した決定訳!(光文社の書籍紹介より)】
ピグマリオン (光文社古典新訳文庫)ピグマリオン (光文社古典新訳文庫)
(2013/11/08)
George Bernard Shaw、 他



☆ミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』DVD
マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2013/08/23)
オードリー・ヘプバーン、レックス・ハリソン 他


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。