カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000文字エッセイ「演出家 デヴィッド・ルヴォー来日!スペシャルトーク」
20131113geigekitalk東京芸術劇場主催で行われた【演出家 デヴィッド・ルヴォー来日!スペシャルトーク】に参加しました。通訳は薛珠麗さん。

私自身は1994年に初めて彼の作品と出会い、以来機会があれば海外(パリ、ロンドン、チチェスター)でも演出作品を観るほど、その世界の虜となっています。
虚構の中に浮かび上がる真実。まるで彼の視線から目を逸らすことのできない自分自身のように、作品に惹かれるのです。
今後も日本での出会いを楽しみにしつつ、観客として関わってきた想いを1000文字エッセイ(1000文字程度で書いたもの)として綴ります。

1000文字エッセイ「演出家 デヴィッド・ルヴォー来日!スペシャルトーク
-「生きる」舞台も客席も-

 こんなにも手の内を優しく語る(さらけ出す)演出家がいるだろうかと思う程に、過去へと遡って彼の演出スタイルを紐解くような濃いトークでした。
 かつて隅田川左岸にあったベニサン・ピットという劇場。小劇場ブーム(野田秀樹を中心とした「夢の遊眠社」など)の終息と時を同じくして、1993年春にTPT(シアタープロジェクト東京)はベニサン・ピットを本拠地として立ち上がりました。イギリス人の演出家デヴィッド・ルヴォーがTPT芸術監督に就任したのは、ちょうど野田秀樹がイギリスに留学した頃だったそうです。聴き手を務めた長谷部浩氏の話で知りました。
 今にして思えば奇跡のような瞬間、TPT設立当初は年に数本、デヴィッド・ルヴォーはこのベニサン・ピットで立て続けに演出作品を発表していたのです。(詳細はTPTのサイトを参照
 劇場自体は1985年にオープンしていたようですが、私が観客としてベニサン・ピットを訪れたのはTPT設立2年目の1994年。世間の評判を聞いたというわけでも無く、単に芝居をそこでやっているからという理由で足を運びました。
 170席ほどの客席、閉塞感のある劇場空間。そこで最初に観たのは、ジャン・コクトーの『双頭の鷲』。人間の本能、愛の営みが感情として包み隠さずに描かれていることに、そして薄暗い舞台で時折見えた感情の燃え上がる炎、憎しみさえも美しいと感じたことに衝撃を受けました。
 今回のトークでも話題に上ったリアリズム、それを観客の目線で語ると、彼の描く作品には「嘘が無い」ということです。観客は言わば目撃者ではないかとさえ感じて、高揚感を覚えたものでした。
 結果的に登場人物の感情に突き動かされて、私自身に化学反応のような気持ちの変化がもたらされました。それは作品に寄り添えた(わかるという)満足感でもあったように思います。以来、ベニサン・ピット(=TPT)に行けば何かが自分に起きるという期待を持ち、楽しみにしていたことが思い出されます。
 昨年、彼の演出したミュージカル『ルドルフ・ザ・ラストキス』で、「生きる」ことにつきまとう感情の全てが観る者を突き動かすことを体感された方も多いと思います。近いうちに今度はもっと間近でそんな体験ができれば。想いを強く願います。

(東京芸術劇場シンフォニースペースにて)

過去にも1000文字エッセイに、彼の作品について書いています。(1000文字エッセイ「タブーへの挑戦」

☆聴き手の長谷部浩氏がデヴィッド・ルヴォーについて書いた著書
傷ついた性―デヴィッド・ルヴォー 演出の技法傷ついた性―デヴィッド・ルヴォー 演出の技法
(1997/11)
長谷部 浩


スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。