FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗読劇『ガラスの動物園』(6/29-30)キャスト★
朗読劇ガラスの動物園朗読劇『ガラスの動物園』
訳・演出・田尾下哲。
演出家は、アマンダに惚れ込んでいると感じました。
アマンダが、あんなにも真剣に娘と息子のことを気にかけて、自分のことより子ども、家族を大切に守ろうとする母親の愛に満ちた女性だったとは!?
そして彼女は、良い言葉をたくさん述べていたんですね。今さらながら気付きました。
きっとアマンダのことを好きになったから、その言葉にも共感できたのだと思います。

キャスト★(アマンダ:池田有希子、ローラ森実友紀、トム:岸田研二、ジム:海宝直人)を観劇。
母性、そう本当に母性愛に溢れる美しいアマンダ
アマンダの言うことは、私の知るお母さんと何ら違いはありません。
か弱そうに見えて独自の世界で強く生きるローラ
ローラに対していつも抱いていたもどかしさ、イライラを感じさせませんでした。
彼女の見せる芯の強さ。ローラが学校を休んで一日中寒い公園を歩き回っていたけど辛くなかったと嬉しそうに語るエピソードを、幸せなひと時だったと感じさせてくれました。
冒頭からストーリーテラーとして、過去を振り返る語り口に優しさを滲ませるトム
最後には家を飛び出す彼の最大の気がかりは姉のローラ。そして姉のことを心から想い慕う彼の苦しい心が理解できるエンディングでした。
過去の栄光は今の彼にとってコンプレックスだったのではないかと思うジム
ローラに再会して、その光を浴びていた時分を思い出し、それは彼にとっても嬉しい出来事だったではないかと。現在の彼の弱さを認める姿がまたジムの魅力だと感じさせてくれました。
皆、好演。
29日は、代官山ヒルサイドプラザで上演。
空間デザイン(29日公演のみ)は、幹子 S.マックアダムスさん。
譜面台とイスが並べられたステージ。
ストーリーに合わせて位置を変える俳優。彼らがどこに居るかで、リビングから、キッチンから、踊り場から、声を発しているのだとイメージします。シンプルでいて空間の奥行を感じさせるものでした。

この作品の音楽は、ピアノ、チェロ、バイオリンの生演奏。
それぞれの場面、間奏で流れる音楽が、物語とともに切なく耳に残ります。

そして30日は恵比寿のアート・カフェ・フレンズで上演。
昼夜の上演前に、訳・演出の田尾下哲さんと、空間デザインの幹子 S.マックアダムスさん、二人による特別プレトーク「アメリカ演劇の今」が行われました。

演出家との出会いや、ニューヨークを拠点に仕事をするに至った経緯、スタッフとしてのアメリカと日本の違い、そして彼女の仕事ぶりについて大いに語られました。
舞台美術家として、そしてアソシエイトデザイナーとして活躍する彼女は、2005年にトニー賞を受賞したマイケルヨーガン氏のアソシエイトデザイナーとして大きく飛躍したそうです。
トニー賞での舞台を再現する話は面白かった。
ノミネート作品の披露の場では、舞台美術を実寸の70%にしてパフォーマンスを再現するのだそうです。
そこでの問題は、装置は70%に縮小しても、そこに登場する人物はそのままの大きさであること!
当たり前ですがその苦労を楽しそうに話す彼女に、仕事に対する熱意を感じ、ほだされました。
(作品は『The Light in the Piazza 』、2005年のトニー賞での舞台美術は、こちらのYouTubeにアップされています。クリックすると、観客の歓声が聴こえてきます

30日はプレトークだけ聴いて帰りましたが、帰り際、幹子 S.マックアダムスさんとお話する機会がありました。
チラシの上のサインは、その際にいただいた彼女のサインです。
これからも日本で田尾下さんと一緒に仕事をする機会があるでしょうと、目を輝かせて話してくださいました。

作・テネシー・ウィリアムズ、訳・演出・田尾下哲、
作曲・茂野雅道、空間デザイン(29日公演のみ)幹子 S.マックアダムス
演奏:Cello・大前知誇、Piano・谷 真人、violin・田島華乃

※公演の詳細は公式サイトで。

☆「ガラスの動物園」翻訳・小田島 雄志
ガラスの動物園 (新潮文庫)ガラスの動物園 (新潮文庫)
(1988/03)
テネシー ウィリアムズ


スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。