FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗読劇『楽屋』千秋楽
楽屋楽ツイッターに連続してつぶやいた、作り手に皆さんについての言葉を加筆して掲載します。
よろしければ今一度お付き合いください。

朗読劇『楽屋』新世界にて千秋楽。
初日と楽と、テンポの違いに驚きました。(初日の観劇録はこちら
でも、どちらも彼女たちの『楽屋』なのです。

以前、演出家(薛珠麗)に、初日を目指して完成させた舞台が、そのまま続かないものか・・・と一般的な舞台作品への質問として問いかけたことがありました。
演出家の答えは、「育っちゃうんだから仕方ない」とキッパリ。

さて、この作品も公演4回を迎え、千秋楽となりました。育った姿が見て取れます。
この日の役としての彼女たちは、初日の彼女たちではないんだ、今日だけの彼女たちなんだ、と思ったら、また作品が愛しく思えてきました。そうやって新たに記憶に残るのです。

そして、楽日は演出家に記念にサインを、とお願いして書いていただきました(右上)。
さらに背中を押していただき、出演者全員とお話させていただきました。

終演後、私服に着替えた彼女たちは皆、可愛いらしいお嬢さん。
誰もA~Dに見えません!?
お一人ずつ語らせていただくと・・・

女優A(平岡由香さん)
女優Aは、「愛すべき」という言葉がぴったりな大和撫子に見えました。
演じるご本人も、「愛すべき」と感じていらしていたそうで、その心は観客に伝わり、何度観てもぶれることはありませんでした。
片目で凄んで博徒役もこなす女優Aですが、演じる彼女はパッチリ眼(まなこ)で芝居に対する心が真っ直ぐで語る言葉は淑やかで。
次はどんな役に挑まれるのか楽しみです。
平岡由香ホームページクリックすると歌声が聴こえてきます♪

女優B(吉沢梨絵さん)
今回のプロデューサーでもあります。
初日は座敷わらしみたいに可愛く、楽は図太く見えた女優B。
吉沢さんに、女優Cの帽子の上に乗っかっちゃう場面について伺いました。
初日とは敢えて変えたスタイルだったそうで、役と状況を深く考慮しイメージして組み立てて最終的にああなった経緯を熱っぽく語ってくれました。
そして自分たちの朗読劇を観て「誰でもできると思ってくれれば」と、観客に歩み寄るようなこんな素敵な想いを抱いた言葉をいただきました。
まだ彼女の舞台観劇は二作目。(一作目はミュージカル『ルドルフ ザ・ラスト・キス』でした。観劇録はこちら)。
そこでしっかり聴かせてくれた歌も素晴らしいので、9/1のバースデーライブも楽しみに。
吉沢梨絵オフィシャルブログクリックすると歌声が聴こえてきます♪

女優C(森実友紀さん)
唯一最後まで命ある生命力とストレスに溢れている女優C。
ミュージカル作品の舞台によく立つ彼女ですが、実は昨年もリーディングを観劇しました(「南青山マンダラPresents~岸田國士を読む~」)。
今月末の朗読劇『ガラスの動物園』も観に行きます。
芝居が好きで自分から飛び込んででも芝居する、輝く瞳と笑顔で語る本人の今後も楽しみに。
森実友紀オフィシャルサイト

女優D(山田ひとみさん)
特異な雰囲気を醸し出す女優D。
劇団1980に所属…『麻布怪談』(シアターガイドの公演案内はこちら)「幽霊で出ていたの私です」と。
観ました!!美しく儚い「初」という幽霊。
現世の男と逢瀬を重ねる妖艶な姿は忘れられません。
この瞬間、劇場通いをしていてよかったと思いました。
一期一会のつもりが新たな舞台で再会。そして次の作品での出会いへと続きます。
山田ひとみの公式HP

女優V(馬江尚子)
ヴァイオリンを弾く女優V。演出家の話によると、このヴァイオリンは243歳で、その名は「ローラ」。
ご本人に、現れては音だけ残していつの間にか消えていて、それが印象的とお話させていただくと、舞台の堂々たる演奏姿とは裏腹に、はにかんで微笑んでいらっしゃいました。
芝居心、お持ちなんですね。
アンケートを書いていて、独奏する姿が見られなかったのが心残りです。

そして、演出家(薛珠麗)
演出家との最初の出会いは16年前。いえ、その一年前に見知っていました。
演出は、その後、本来の演出家が帰国後に急遽役者が交代した作品で初めて拝見。
そして通訳として確立した立派なキャリアを封印して取り組んだこの作品で、私にとっては二度目の観劇。
嘘の無い、本気と本音で生きる彼女らしい演出に見えました。
大きな拍手を贈ります。
ずっとずっと観客としてお付き合いいただけて、光栄です。
薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。