カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日生劇場『二月大歌舞伎』(2/4-26)
観劇の、この日がようやく来た、という想いで出かけた日生劇場『二月大歌舞伎』。
冒頭の「口上」では、松本幸四郎から昨年8月末に息子の市川染五郎が公演中に怪我のため降板して、しばらく舞台に立つことができなかったことへのお詫びの言葉がありました。
役者にとって、舞台に穴をあけることでかける迷惑の数々。そして楽しみにしていたお客への。
それをきっちり詫びてから、公演の幕が上がります。
こういう“ケジメ”をつける場があるとことろが、日本の伝統芸能の舞台らしいですね。

仕切り直して、『義経千本桜 吉野山』舞踊の舞台が始まります。
福助の静御前には、その毅然とした美しさに目を見張りました。
そして花道のスッポンから、満を持して染五郎の登場。
佐藤忠信実は源九郎狐を演じる染五郎は、品良く快活に。
半年ぶりに舞台で見るその姿、観客は拍手でその気持ちを伝えます。安堵であったり、祝う気持ちであったり。
これが劇場の楽しいところ。

この公演、若手が放つキラメキも見どころの一つです。
ここでは義経一行を追う逸見藤太を中村亀鶴が演じています。
ちょっと抜けた、見た目からして三枚目的な役柄が憎めない、敵役の立場です。
最近の亀鶴さんは、どんな役でもきっちりと楽しませてくれますね。
2012年4月新橋演舞場での『四月花形歌舞伎 通し狂言 仮名手本忠臣蔵』(詳細は歌舞伎公式サイトで)
「六段目 与市兵衛内勘平腹切の場」では、身売りされたおかるを引き取りに来た一文字屋お才に扮していました。
初役とのことでしたが、その筋の女性の貫禄たっぷりに、こういう女形も似合うものだと感心したものです。

次の演目、『新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)』は、中でも「魚屋宗五郎」の話は有名ですが、宗五郎(幸四郎)の妹のお蔦(福助)が手打ちにされる、その発端の「弁天堂の場」から通しで上演されました。
お蔦との縁を取り持てと迫る岩上典蔵を、頑としてはねのける小姓梅次(中村児太郎)。
児太郎さん、観る度に芯がしっかりしてくる、と思っていたらまだ19歳になったばかりなんですね。
声も、姿も、柔らかさの中に柱が入っているのを感じるようになりました。
まだまだこれから先が長いけれど、毎回舞台でその成長を見られるのが観客の楽しみです。

岩井典蔵の策略にはまり、酒に酔ったまま愛しいはずのお蔦を斬り殺す磯部主計之助(染五郎)。
可愛さ余って憎さ百倍、
二階B席というかなり遠目から見ても、その儚さが伝わるのは染五郎ならでは。

そして『魚屋宗五郎』へと続きます。
宗五郎女房おはまを、お蔦と二役、福助が演じるのが救い。
大酒のみの宗五郎の手綱を握る女房の逞しさに、悲しさの中に日々懸命に生きる庶民の力強い生き様を見せて、歌歌舞伎の世話物の醍醐味を味あわせてくれました。
夜の部だけですが、酒屋丁稚与吉は、松本金太郎。大向こうの「豆高麗!」の掛け声を受けながら登場。
大きくなりました。
観客の大きな拍手は期待の表われ。目を細くして眺めていました。

想像以上に盛り沢山の演目で、観客を魅了した二月大歌舞伎。
笑わせるだけがサービスではない、普段見られない作品を観客に見せようという、そんな意気込みを感じました。

3月は、新橋演舞場で「三月花形歌舞伎」(詳細は歌舞伎公式サイトで)が上演されます。
引き続き染五郎、そして結婚の明るいニュースを振りまいた菊之助も登場します。
春の訪れとともに、花形歌舞伎を楽しみませんか。

※二月大歌舞伎の詳細は歌舞伎公式サイトで。

(日生劇場にて)
スポンサーサイト

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。