FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『其礼成心中』(8/11-22)
それなり文楽2006年には、同じく三谷幸喜がPARCO歌舞伎と称して『決闘!高田馬場』を上演しました。(2006年3月に観劇
これは文楽(人形浄瑠璃)の公演です。
人形も、おそらく普段国立劇場 小劇場の公演で観ているものと同じではないでしょうか?
パルコ劇場だからって、三谷幸喜作品だからって、特に人形に手を加えてはいないようです。
一番心配していたのは、最後列から二列目の席だったため、「人形の動きが見えるか」でした。
しかし、全く心配は要りません。
パルコ劇場が、文楽公演にこんなにも適していたことに驚きました。

上演時間がちょっと長いと感じたものの、三谷文楽の成功を大きな拍手でもって迎えたいと思います。
作家の名前で集客した観客だったことでしょう。
しかし最後は技芸員(大夫、三味線、人形)の魅力的な技と演技に魅せられた称賛の拍手が舞台に贈られていました。
客席での会話も、文楽をよく知る友人と来た観客は、連れてきてくれた礼を言い、誘った方はいつもと違う点について解説していました。

この展開、これこそ古典芸能に必要なことだと思うのです。

うまい演出でした。
大夫と三味線を上段中央にして、その下で人形が演技をします。
国立劇場などて観ると、大夫と三味線弾きは、上手の張り出した場所に座っており、盆に乗って現れ、交代する場合は盆が回るという具合で、今回は特別な演出であったことがわかります。

大夫、三味線、人形を「三業」と言うのだそうですが、全て一目で見渡すことができることは、大変新鮮でした。
と、同時に、文楽観劇初心者にも、その三業の仕事がよく理解できる配置だったと感心しながら見ていました。

さらに、普段は人形遣いは腰から下が隠れているのですが、ここではほとんど全身が見えています。
しゃがんだり、中腰になったり、人が加わったり、何のための動作か興味も出てきました。

作品は、近松の「曽根崎心中」に発想を得ていますが、変にパロディにならないところがいい。
語りも義太夫節であるものの、言葉がわかりやすいので、そのまま理解できます。
物語に込められた「生きる」ことへの励ましも、それぞれの胸に受け止められればと願います。

粋なのは、カーテンコール。
黒子だった人形遣い全員が素顔を見せてくれました。若い人形遣いが多かったですね。
登場した人形も役の大小を問わず、すべて登場しての挨拶です。
出演者皆の誇らしげな顔が、作品の出来栄えを物語っていました。

※詳細は、パルコ劇場のサイトで。

作・演出・三谷幸喜
美術・堀尾幸男、照明・服部基、音響・井上正弘

(パルコ劇場にて)

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。