FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルドルフ ザ・ラスト・キス』(7/5-29)
rudolf小 7月に上演された、デヴィッド・ルヴォー演出によるルドルフ ザ・ラスト・キス
 
主演ルドルフの井上芳雄以外は、初演(演出・宮本亜門)からキャストが変わりました。

現在、井上芳雄は33歳。ルドルフが自殺した年齢と同じなのだそうです。
国も立場も違いますが、同じ世代の青年の恋する気持ちは一緒なのだと痛切に感じました。

それには「愛」と「女性」を描くのに、これほど素晴らしい演出家はいないだろうと私は、いえデヴィッド・ルヴォーの演出を知る人は思ったことでしょう。
2月にロンドンで、デヴィッド・ルヴォー『Backbeat』を観劇しました。
過去にTHE BEATLESの初期のメンバーの一員だった、その彼の生涯を描いた作品で、映画にもなっています。
舞台では有名なバンドの初期という時空を超えて「愛」、そして「女性」の美しさが象徴的に描かれていました。

ルドルフに話を戻すと、人として、そして皇太子としての立場に悩む男性像が人間臭く描かれているところに見入ってしまいまいした。
井上ルドルフが舞台の上で信念と人生を短く太く真摯に生きた、そんなエネルギーが客席に伝わる密度の濃い作品でした。
観ている側も燃え尽きるようなフランク・ワイルドホーンの情念の音楽。

ミュージカル『エリザベート』でのルドルフの立ち位置を、じっくり見定められることでしょう。

(帝国劇場にて)

         ウィーン版CD
Ost: RudolfOst: Rudolf
(2009/04/11)
Various

商品詳細を見る


バックビート BACKBEAT [DVD]バックビート BACKBEAT [DVD]
(2011/06/10)
スティーヴン・ドーフ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。