カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ『夕鶴』(2/4-6)
新国立オペラ『夕鶴』。
作曲は團伊玖磨
日本の雪のしっとりたした情景が浮かぶ旋律、そこに“つう”を呼ぶ子供たちの唄う童謡が明るい陽射しのように射し込みます。
機織りの音色の楽器の組み合わせが聴く人の想像力を誘い、見えない鶴の辛く哀しい心情まで映し出していました。
物言わぬオペラの舞台で、最低限でいて最大の効果は舞台美術と照明です。

再演ですが、まだ観たことのない演劇に携わる方々に観ていただきたいと思いました。
既に日本オペラの代表作と言われているようですが、日本が誇る日本人のオペラですね。

指揮・高関 健
演出・栗山民也
美術・堀尾幸男
衣裳・植田いつ子
照明・勝柴治朗

※公演の詳細は、新国立劇場のサイトで。

(新国立劇場 オペラパレスにて)
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kangekinokafe.blog.fc2.com/tb.php/674-7afa76d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。