カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽劇『ガラスの仮面』(8/11-27)

音楽劇『ガラスの仮面』。
'08の第1作を見逃したことが悔やまれるほど、3Dならぬどっぷりと作品の渦中にいたような楽しみを味わいました。

まず開演直前のバックステージ見学に参加した時点で、舞台との壁がなくなりました。
その間にも客席から稽古着で舞台に上がる役者たちを見て、観客はこれから彼らによって芝居が作られるということを認識します。

作品(劇画の「ガラスの仮面」)を知る者にとっての楽しみは、劇画の人物のをこの目で見て感じられたことでしょうか。
それにしても卓越した原作に甘んじない脚本と演出の素晴らしさ!

私は原作の劇画を知る観客です。
(上の写真のように、芸術劇場のガレリアにて前作、そして劇画と登場人物の紹介がされています)
何の予備知識もなく、この作品に接した観客からは、どう見えるのでしょうか?
あまりに具体的に登場人物を知りすぎているあまり、そんな疑問が付きまといます。

ただ一つ言えることは、今日が劇場デビューの女の子は、芝居と舞台が好きになるのに違いない、と思えること。
彩の国ファミリーシアターと銘打ったこの作品は、劇場全体で観客を歓迎しているような演出が施されています。

今回のサブタイトルは~二人のヘレン
北島マヤ(大和田美帆)と姫川亜弓(奥村佳恵)の劇中のヘレン・ケラーとしての競演だけでなく、様々な作品が劇中劇として上演される、その芝居も手を抜かない演出と俳優の熱演が見所でもあります。

※公演の詳細は、彩の国さいたま芸術劇場のサイトで。

原作・美内すずえ、脚本・青木豪、演出・蜷川幸雄、
音楽・寺嶋民哉、美術・中越司、照明・室伏生大、衣裳・宮本宣子


(彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて)

ガラスの仮面 (第1巻) (白泉社文庫)ガラスの仮面 (第1巻) (白泉社文庫)
(1994/03)
美内 すずえ

商品詳細を見る


ガラスの仮面 (第2巻) (白泉社文庫)ガラスの仮面 (第2巻) (白泉社文庫)
(1994/03)
美内 すずえ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。