FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂大歌舞伎(7/12-29)
2008年9月に初めて赤坂ACTシアターで上演された赤坂大歌舞伎
2度目となる今回も、落語を原作とした人情喜劇『人情噺文七元結』、そして歌舞伎舞踊『鷺娘』という華やかな演目で上演されています。

人情噺文七元結』では、博打で大きな借金をこしらえて、この年の瀬を越せるかどうか案じている左官長兵衛(中村勘三郎)一家。
娘のお久(中村芝のぶ)は、借金を返済して長兵衛が心を入れ替えることを願い、自ら吉原へ身を売りに行きました。
その親孝行な娘の気持ちに免じて、吉原の大籬・角海老女房お駒(片岡秀太郎)は、長兵衛に金を貸し与えます。
その帰り道、店の掛け金を盗まれたお詫びに身投げをしようとしてる手代文七(中村勘太郎)と出会い、このお金で済むならと長兵衛は全額文七に渡してしまうのですが・・・。

勘三郎の長兵衛はカラッとしていますね。
この人情物語の中に、人間の持つべき心がサラッと浮かび上がってきているように思います。


そしていつもの平成中村座のメンバーを中心とした座組みは、そのキャスティングも楽しみの一つです。
お久を迎えに長兵衛が吉原へ行く場面では、座敷の中心に少々老けた花魁の姿が。
よく見ると中村小山三が扮しています。
セリフも動きもたっぷりと、よく通る声と元気な姿で観客を楽しませてくれました。

次は中村七之助による『鷺娘』。
坂東玉三郎2009年1月の歌舞伎座公演を最後に封印した『鷺娘』を、中村七之助が新年恒例の浅草歌舞伎で披露し、大切に踊り継いでいる作品です。
それを初めて観ることができました。
先輩が長年踊り、極めた舞踊です。
これからも大切に踊って、七之助という名の鷺娘を見せて欲しいと思います。

※公演の詳細は、赤坂ACTシアターのサイトで。

(赤坂ACTシアターにて)
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。