FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・キャラクター』(6/20-8/8)
6/20-8/8まで長い長い旅に出た作品。

野田秀樹特有の言葉が様々な意味を持ちます。

ある町の書道教室。
そこでは言葉は都合のいいように受け取られ、人々が洗脳されていきます。

弟がここでいなくなった、と書道教室に潜入して探す姉のマドロミ(宮沢りえ)。
そして彼女は同じように息子を探すオバちゃん(銀粉蝶)と出会います。

教室内では、幹部のすることに逆らえない人々。
ギリシャ神話と交錯しながら、その存在が「ない」のか「消され」たのか、幻想の世界が現実の世界と交じり合った時に真実が明らかになってきました。

善悪の感覚を無くし、言いなりになる人々の姿を見るのは虚しかった。
」という字を掲げても今一つ本来の意味を為さないのは、昨今の政治家のせいなのでしょうか。
そんな想いも巡らせて、じっと見つめる先にはいつも真実を探るマドロミの姿がありました。

救われることなく着地点が見えにくい作品ですが、心に引っ掛かったところを掘り下げたくなりました。
登場人物の存在を無駄にしたくない、と思います。

作・演出・野田秀樹、美術・堀尾幸男、照明・小川幾雄、衣裳・ひびのこづえ

※公演の詳細は、公式サイトで。

(東京芸術芸術 中ホールにて)

☆「新潮」 2010年 07月号
 戯曲『ザ・キャラクター』を掲載。
 
新潮 2010年 07月号 [雑誌]

新潮 2010年 07月号 [雑誌]

価格:950円(税込、送料別)

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。