FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
『皆に伝えよ!ソイレント・グリーンは人肉だと』(3/29-4/16)
舞台は一カ所ではありません。劇場内に入ると、右手に二部屋、左手に一部屋。そして客席から見える位置に大きな大きなスクリーン。

女3人と男が1人。(木内みどり、中川安奈、池田有希子×長谷川博己)舞台写真はこちら


左手にある狭い一部屋に折り重なるように横になって、彼らが囁きあっています。それは甘いロマンスの言葉ではなく、下品で、汚くて、猥雑でストレートな表現です。
そしてスクリーンには、ハンディカメラで彼らのアップが映し出されます。

やがて彼らは右手にある部屋に入り、カーテンを閉じてしまいます。客席からは当然見えません。そこでの様子はスクリーンに映され、私たちは何が行われているかを知ることになります。

こんな舞台は観たことがありません。
こんな手法を観たことがありません。
登場人物が観客に見えないところで芝居を続けているなんて?

様々な思いが頭を過ぎります。
そして、芝居の舞台はこうあるべき、という固定観念が潜在的に自分にあったことを思い知ります。
誰がこうあるべきだと決めたのでしょう。
万人に受け入れられるわけではないと思いますが、とにかくそこで登場人物と同じ空気を吸って、自分がここに存在していることを感じてみると、その舞台の出来事が受け入れられる自分がいることに気づくでしょう。

言葉が溢れるこの作品で、妙に気になるフレーズがありました。
「あなたもおカネみたいだったらいいのに!あなたにどんな価値があるのか、表示されたらいいのに」なるほど、一理あると思います。おカネって、そのものの持つ価値が、それ以上でもそれ以下でもなく表示されているわけです。・・・なんて、普段考えないことを掘り下げている自分がいたりします。
こういうことを考えるのは品が無い、というそのもの自体が原点であったりするのかもしれません。

作・演出はドイツ人のルネ・ポレシュ。
ある俳優が、彼のことをこう紹介してくれました。ドイツでも彼の演劇スタイルは、既製の呼び方で表現できないほど新しい演劇スタイルなのだと。彼の名前(ポレシュ)が、彼のスタイルの呼び名だったりするのだと。
存分にその感覚を自分自身で味わってください。
そこでは作品のキーワードが繰り返し語られます。『ソイレント・グリーン』という古い映画もキーワードの一つです。何を自分と結び付けるかは、自分次第です。

作・演出・ルネ・ポレシュ、訳・本田雅也、日本語台本・木内宏昌、美術・ヤニーナ・アウディック

T.P.T.
(ベニサンピットにて)

☆タイトルにある「ソイレント・グリーン」は、こんな映画です。
 (注!芝居の原作ではありません)
ソイレント・グリーン 特別版 [DVD]ソイレント・グリーン 特別版 [DVD]
(2013/09/04)
チャールトン・ヘストン、エドワード・G・ロビンソン 他


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kangekinokafe.blog.fc2.com/tb.php/117-9a8432fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)