FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
『ピアフ』(1/16-2/13)
ピアフ201301パム・ジェムス作の『Piaf』。
2007年9月にはピアフを安奈淳で、TPTで上演されました。(訳・常田景子、演出・亘理裕子) 観劇記はこちら

今回は、2011年秋に上演された公演の再演(訳・常田景子、演出・栗山民也)。
大竹しのぶのピアフはそのままに、一部キャストも新たに上演されています。

伝記のように思える作品。
戯曲と伝記の境を全て舞台に委ねるつもりでいました。
まるで映画のスチール写真のように、場面ごとにエピソードが強く、美しく印象づけられた舞台。
その一枚一枚のピースを観客が組み立ててピアフ像を作るように心を通わせながら観ました。

中でも好きなシーンは、ボクサーのマルセル・セルダン(横田栄司)との逢瀬。
ピアフの素直な愛、それに応えるマルセルの大らかな愛。
手放しで幸せに浸るピアフのなんと可愛らしいことか。
この時、彼女はまだ33か34歳。

そして47歳で亡くなるまでの、彼女の生きざまを見守るような気持ちで、ピアフを愛する登場人物と同様、いつしか大竹ピアフを愛していました。

作・パム・ジェムス、翻訳・常田景子、演出・栗山民也
音楽監督・甲斐正人、美術・松井るみ、照明・高見和義、衣裳・前田文子、音響・山本浩一

※公演の詳細は公式サイトで。

(シアタークリエにて)

プレミアム・ツイン・ベスト ばら色の人生~エディット・ピアフ・ベストプレミアム・ツイン・ベスト ばら色の人生~エディット・ピアフ・ベスト
(2010/06/30)
エディット・ピアフ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

待望の再演『モジョ ミキボー』(1/30-2/11)
モジョミキボー20132010年5月に、一か月のロングラン公演を大盛況のうちに終えた『モジョ ミキボー』(こちらが初演の観劇記)。

待望の再演が、いよいよ明日から始まります。

今回は東京公演だけでなく、大阪福島札幌公演もあるので、
お近くの劇場で、あの伝説の作品をご覧いただけます。

東京公演の劇場は、あの下北沢OFF OFFシアター
舞台をはみ出んばかりの2人17役の活躍は、臨場感たっぷりに体感できます。

北アイルランドにおける紛争問題が根底にある作品ですが、
今やこのような紛争はこの国だけのこととは思えない時代になってしまった感が。

犠牲になるのは誰なのか、なんのための紛争なのか、
舞台の2人を通して肌で感じてください。

『モジョ ミキボー』公式ブログには、稽古の様子だけでなく、アフタートーク情報などが掲載されています。
公演が始まったら、また新たな賑わいを見せることでしょう。

脚本・オーウェン・マカファーティ
翻訳・平川大作(『モジョ ミキボー』の翻訳で「第3回小田島雄志・翻訳戯曲賞」を受賞)
演出・鵜山仁

出演・浅野雅博、石橋徹郎

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

えびす組劇場見聞録第42号
えびす組劇場見聞録第42号が出来上がりました。
メンバー4人がそれぞれ選んだ作品と評をお楽しみください。こちらをクリックすると、「えびす組」のホームページに跳んで、お読みいただくことができます。

今回のテーマは【女優について】
同性から見て気になる俳優って・・・どうぞお楽しみください。

「えびす組劇場見聞録」第42号は、下記の劇場に設置される予定です。
劇場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

世田谷パブリックシアター ◆ シアタートラム ◆ 相鉄本多劇場
テアトルフォンテ ◆ シアターサンモール ◆ タイニイ・アリス
こまばアゴラ劇場 ◆ シアターX ◆ STスポット
カメリアホール ◆ みどり会館 ◆ シンフォニア岩国
周南市文化会館 ◆ 山口情報芸術センター ◆ 文学座アトリエ
長岡リリックホール ◆ 柏崎市産業文化会館 ◆ シアターZOO
北九州芸術劇場 ◆ 七ツ寺演劇情報センター ◆ 山手ゲーテ座
にしすがも創造舎 ◆ 横浜赤レンガ倉庫1号館 ◆ 急な坂スタジオ
まつもと市民芸術館 ◆ 画廊Full Moon  ◆ 吉祥寺シアター
川崎市アートセンター ◆ 王子小劇場 ◆ サイスタジオ
d-倉庫 ◆ アトリエS-pace ◆ アトリエセンティオ
三鷹市芸術文化センター星のホール ◆ 京都芸術センター
バサラブックス ◆ 福山市民劇場 ◆ 神奈川芸術劇場
BankART Studio NYK ◆ 水天宮ピット ◆ アール座読書館
シアトリカル應典院 ◆ AI・HALL ◆ 一心寺シアター倶楽
神戸アートビレッジセンター ◆ アトリエ劇研 ◆ アトリエみるめ 
リバティ ◆ ぽんプラザホール ◆ 津あけぼの座
ウィングフィールド ◆ 3331 Arts Chiyoda ◆ TORII HALL
HEP HALL ◆ in→dependent theatre ◆ せんだい演劇工房10-BOX
芸能花伝舎 ◆ シアターシャイン 
新規設置先◆ 上野ストアハウス 三重県文化会館 (順不同)

「えびす組劇場見聞録」ホームページ掲載演劇作品一覧も、演劇に興味がありましたらご覧ください。
過去に取り上げた作品を掲載しています。

あとがきは、【劇場讃江 設置御礼かたがた
シアター應典院&一心寺シアター、BankART 1929、吉祥寺シアター、川崎市アートセンター

劇場に置かせていただいているのは、B5サイズ縦書きの瓦版。
見かけたら、手に取ってみてください。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術