FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
『新春 滝沢革命』(1/1-27)
帝国劇場100周年記念公演のオープニングは『新春 滝沢革命』。

滝沢座長の公演を、初めて観ました。

凄い!

日本のエンターテイメントの最新技術が集結していると思うほどの舞台です。

気付いたら頭上でフライングなど、観客の度肝を抜きつつ、アクロバティックな動きに魅了されます。

15トンの水を使った演出も、どこまでも観客の意表をついて、大満足なエンターテイメントショーが繰り広げられました。

それでいて、スタッフも出演者も息を合わせて人力でやりきる技もあり、温もりのある作品という印象です。
芝居あり、歌あり、ベテランが全体を締めて、クオリティの高がクセになります。

写真のように入場口では、帝国劇場開場100周年を祝う花のアーチをくぐってロビーへ。
劇場へ行くと何かが起きる、予感をさせる演出もお見事でした。

※公演の詳細は、公式サイトで。

(帝国劇場にて)
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

『四天王御江戸鏑』(1/3-27)
最近はツイッターばかりで、こちらのサイトのアップがありませんでした。
にもかかわらず、日々見ていただいてありがとうございました。

さて、今年の初芝居観劇は、やはり国立劇場から。
昨年も国立劇場の歌舞伎観劇から始まりました。

出し物は、『四天王御江戸鏑(してんおうおえどのかぶらや)』。
3日初日の国立劇場の様子はNHKで生中継されるため、テレビでご覧になった方も多いと思います。
そのせいか、劇場ロビーはより華やいでいるように見えました。

国立劇場では、初日の出演者挨拶、そして鏡開きの後、開演前に太神楽曲芸協会による「曲芸」が披露されます。
期間ごとの行事が満載で、7日までは獅子舞も披露されていました。
写真のように、取り巻く観客の輪の中で舞っています。
来年こそはご祝儀を持参して、頭を噛んでもらおうと思います。

舞台では菊之助の優美な宙乗りもあり、最後は毎日撒かれる手拭いを飛びつくようにいただき、正月気分を味わいました。

※『通し狂言 四天王御江戸鏑』公演の詳細は、国立劇場のサイトで。

こちらは、初日の鏡開きやロビーの様子。

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術