FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマ歌舞伎・特別編『牡丹亭』(5/30-7/10)
シネマ歌舞伎・特別編の『牡丹亭』は、5月30日に初日を迎えました。
坂東玉三郎が女形として昆劇でヒロインの杜麗娘(とれいじょう)を演じた日中合同公演の『牡丹亭』は、昨年3月に京都・南座で、5月には中国の北京で上演され、今年3月には中国の蘇州で公演が行われました。
プログラムによると、蘇州は昆劇のふるさとなのだそうです。

このシネマ歌舞伎『牡丹亭』は、第1部は蘇州での様子をおさめたドキュメンタリー、第2部は坂東玉三郎自らが編集に携わった舞台公演の上映です。

昼の回の上映前に、玉三郎による舞台挨拶がありました。
まず司会者が、初日は映画の作品のお誕生日であるという言葉でこの作品の上映を祝います。
そして玉三郎が、昆劇に出演し、蘇州語での上演となった経緯について語った後、自分の役割は、過去の素晴らしい作品をお客様に届ける配達人であると語りました。
お客様に見ていただかないと成り立たないということをベースに真摯に語るその姿は、常に観客を意識して舞台に立つ玉三郎の魂そのものに映ります。

レスリー・チャンの言葉として映像の中で語られている内容について、正しくはコメントに詳細をいただきました。
ドキュメンタリーの中で語られた言葉で忘れられないのは、「役者には華がたくさんあるけれど、同じだけ苦しみがある」という意味のもの。
だからこそ、いくつもの華を持つ玉三郎は希有な存在であり、乗り越えた者だけが与えられる輝きを放っているのだと思いました。

同じ時代に坂東玉三郎の作品に触れられるのは、私にとっては観る者の喜び、そして励みに感じられるのです。

※映画の詳細はシネマ歌舞伎のサイトで。

シネマ歌舞伎の鑑賞は、2度目となります。
前回観たのは『ふるあめりかに袖はぬらさじ

(東劇にて)

※写真にある牡丹の花は、映画の初日に開花を合わせて育てられたのだそうです。
 この美しく咲く牡丹の花ひとつにも、私たちの目には見えない生産者の苦労があったのでしょう。

☆和樂ムック「坂東玉三郎」~すべては舞台の美のために~小学館
 役の姿、化粧法、楽屋、休暇でダイビングを楽しむ写真など掲載。
 2008年1月に蘇州を訪れた時の様子も、インタビューとともに掲載されています

坂東玉三郎 すべては舞台の美のために (和樂ムック)坂東玉三郎 すべては舞台の美のために (和樂ムック)
(2009/04/01)
坂東 玉三郎



スポンサーサイト
シネマ歌舞伎『ふるあめりかに袖はぬらさじ』
作・有吉佐和子、演出・戌井市郎。

2007年12月に十二月歌舞伎で上演された演目が、シネマ歌舞伎として上映されました。
見逃していたので、これ幸いとばかり、早速、観に行きました。

初めて観るシネマ歌舞伎は、テレビで観る劇場中継とは全く違います。
劇団新感線で「ゲキシネ」という舞台作品を映画館で上演するシリーズがありますが、趣向としてはその歌舞伎版というところでしょうか。
登場人物の表情は作品の演出と相俟って捉えられ、映し出されます。

大写しにされるスクリーンで、歌舞伎の舞台の上でこんなにも細やかな演技が行われていることに感心することでしょう。
時代に翻弄される女たちの、そして玉三郎の人情あふれる芸者お園の一言ひと言に、その生き方を見ては笑い、涙することでしょう。

もちろん、生の舞台を観たいという欲求はありますが、特等席で作品に集中できる、この快適さは格別でした。

※公演詳細はシネマ歌舞伎のサイトで。
 上の写真は、プログラム(600円)

(東劇にて)

☆作・有吉佐和子ふるあめりかに袖はぬらさじ」中公文庫

ゲキ×シネ『SHIROH』(3/3-16→30)
2004年12月、帝国劇場で上演されていた『SHIROH』を観ました。
上川隆也の歌声を聴くのも初めてでしたが、中川晃教の舞台を観るのも歌声を聴いたのも、その時が初めてでした。
とにかく、この2人の人気のキャストで劇団新感線のチケットが取れた!ということが嬉しかったことを覚えています。
一方、舞台のことは、日が経つにつれ、どんどん記憶から消えていってしまいました。

どこぞに喧嘩を売っているわけではありません。
ゲキ×シネの作品が、自宅でDVDを観るのとは違う感覚で、映画館という劇場でリフレッシュ(再生)されているのを感じました。
スクリーンに映し出される映像は、演出家の意図をすっかり伝えるべく存在しています(俳優は舞台の上で、本当にその役を生きている、と改めて感じ、感心しました)。なにより俳優の息遣いまで聴こえてくる音響の素晴らしさと言ったら。
中川の歌声が、忘れかけていた記憶に改めてインプットされていきました。

ゲキ×シネという手法において、特に印象に残るのは、作品の中で人々が出会うシーンです。
これが通常の映画と異なる点だと思うのですが、舞台の上で人が出会うのには大きな意味があります。その、文字どおり劇的な場面が、(『SHIROH』はミュージカルです)音楽にのって、時には歌声で表現されて、それが観客に印象づけられる快感。人々が出会うシーンに鳥肌が立つ想いでスクリーンを見つめていました。

このゲキ×シネで、この作品は完成したことになるのでしょうか?
こうなると、逆に舞台でこの作品を、もう一度この目で観て感じたい、という欲求にかられました。
観客が舞台の空気を共有できるわけではないので、やはり最初に舞台ありき、だと思うのです。

作・中島かずき、演出・いのうえひでのり、音楽・岡崎司、作詞・デーモン小暮閣下、山野英明、中島かずき/いのうえひでのり、美術・堀尾幸男、照明・原田保、音響・井上哲司、山本能久、音効・大木裕介
-映像スタッフ-
監督・江戸洋史、撮影監督・小笠原正明、音響監督・古谷正志

映像製作・イーオシバイ

(新宿バルト9にて)

※新宿バルト9で上映中の『SHIROH』、上映期間の再延長が決定したそうです。
 3月30日まで。詳細は公式サイトでご確認ください。(3/25追記)


※公式サイトでゲキ×シネ『SHIROH』の予告編が観られます。

※他の作品も含めたゲキ×シネ公式サイトはこちら

☆著者・中島かずき『SHIROH』原作戯曲、論創社


映画『ドリームガールズ』

2月17日公開の映画『ドリームガールズ』の試写を観ました。
1981年12月にマイケル・ベネットの演出でブロード・ウェイで開幕し、ヒットしたミュージカルの映画化です。1960~70年代が舞台となっています。(以上、公式サイト※サイト上の「ENTER THE SITE」をクリックすると音楽が流れます!からの情報です)

ストーリーは知りませんでしたが、耳にしたことがあるミュージカル・ナンバーがありました。
・「ドリームガールズ」
・「ワン・ナイト・オンリー」
ミュージカルの舞台で映画化された作品に『シカゴ』や『プロデューサーズ』『レント』がありますが、この作品も同様に登場人物の心中は歌で表現されています。
上の作品と異なる点といえば、コーラスグループが主人公の作品であるため、舞台で歌が披露される華やかな場面が随所に存在する、ということでしょうか。
「ワン・ナイト・オンリー」は有名な楽曲ですが、歌だけで聴く華やかさとは逆に、エフィー(ジェニファー・ハドソン)が去りし日の行いを悔やんで人生をやり直したいという心情をこめて歌う場面に、胸が熱くなりました。

この作品は、R&Bの覚え易いミュージカル・ナンバーというだけではなく、それぞれが夢を持ち、自らの手で栄光を掴み、挫折を味わい、それを乗り越える者もいれば、打ちのめされる者もいるという、個々の立場が丁寧に描かれているのが魅力です。
そして作品の背景には、登場人物がいつも直面する人種問題も描かれています。
一方の側から見た視点ですが、彼らがどういう気持ちでその問題に対するのか、気にかけながら観ていました。
エディ・マーフィーが脇役としてそのカリスマ性を発揮する存在は見事です。
流れる年月の速さ、そこで関わる人々のことを考えると、しっかり作品を追いかけていなければ、人間関係を見失ってしまうかもしれません。

この映画を観て、元となるミュージカルの舞台も観たくなりました。
そして実在してモデルとなったグループの歌声も。

出演は、ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィー他
監督・ビル・コンドン

※映画のための新曲があるそうです~公式サイト情報より~

☆「ドリームガールズ」オリジナル・サウンドトラックCD


☆「ドリームガールズ」 Soundtrack / Dreamgirls (Deluxe Edition) アメリカ版CD


映画『RENT』
ブロードウェイ発のミュージカルの映画化。
今までに何回となく来日公演や日本人キャストによる公演が行われていましたが、何故か観る機会に恵まれませんでした。
それが、今年は観よう!と、既に11月の来日公演のチケットを入手したので、映画で予習を。一番の理由は、1996年のブロードウェイ初演のメンバーがこの映画に出ているからです。

最初の場面は舞台の上に数人のキャストが横並びになって歌っています。『コーラスライン』のように。舞台から生まれた作品であることを主張しているかのようです。そこで歌われるのは、「Seasons of Love」52万5600分という歌詞が繰り返されています。これは一年を分で表した数字です。

さて、ミュージカルの映画版。日常の場面で登場人物の胸の内が歌で語られ、楽しい時も歌、悲しい時も歌なのですが、それを承知で観ているのに、歌の場面を超えて彼らの心情が伝わってきます。
ストレートに言うならば、会話が歌であることが気にならない。それくらい主題が伝わってくるということです。

観客の心に届いたメッセージとは。
登場人物のほとんどが、ある病気により自分の人生が限られたものだと認識しています。
そんな彼らにとって、限りある時間をどう使うかと言えば、「自分の望む人生を送ること」だと映ります。愛すること、一つのことをやり遂げること・・・など、人により様々ですが、彼らはつまずきながらも限られた時間を思いっきり生きています。そこに支える真の友人の力も加わって。
その中の一人の命の火が消えても、その人物が彼らの心の中で強く生き続けているのだと気付いた時、人生の尊さは命の長短ではなく、生き方なのだと改めて思いました。

繰り返し歌われる「Seasons of Love」、ここにミュージカルのあるべき姿を観たように思います。限られた時間の大切さが観客の心にしっかりと刻まれるのですから。
「RENT」という言葉も、様々な意味を含んでいます。
観て、聴いて、彼らのメッセージを受け止めて欲しいと願う作品です。

監督・クリス・コロンバス、台本・作詞・作曲・ジョナサン・ラーソン、脚本・スティーヴン・チョボスキー

☆10月4日発売!『RENT』DVD
〔送料無料キャンペーン中〕RENT/レント デラックス・コレクターズ・エディション-DVD-

☆この映画のサウンドトラックCD
●送料無料!サントラ/「レント」 オリジナル・サウンドトラック

☆ジャパニーズ・キャストCD
レント オリジナル・ジャパニーズ・キャスト・レコーディング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。