FC2ブログ
カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

kangekinocafe

Author:kangekinocafe
観劇の記録と紹介です。

えびす組劇場見聞録メンバーです。
しばらくblogはお休みしていましたが、【演劇、観劇のカフェ】blogからこちらに引っ越して来ました。
どうぞよろしく。

観劇のカフェ
出会った作品について語ります。関連書籍や音楽も、できる限りご紹介します。
哀悼-坂東三津五郎丈
2015shinshunasakusa今年の新春浅草歌舞伎で、「独楽売(こまうり)」を踊る 坂東 巳之助丈を、こんなにもお父さん(坂東三津五郎丈)に似ていたのだと目を細めて感慨深く見ていました。
それは1月のこと。
今日は、耳を疑うような三津五郎丈ご逝去の報に接しました。
テレビで知ったのですが、『独楽売』の舞踊は、家に伝わる演目だそうです。熱心に息子に教える三津五郎丈の映像に残る最後の姿として紹介していました。

坂東三津五郎丈は、舞台に立つだけで場が華やく存在でした。
舞踊や所作に優雅さが感じられ、魅了されました。
ユーモアを忘れない話し方が好きでした。
思い出されるのは、2年前の花道会 歌舞伎セミナーでの三津五郎丈のお話です。
(その時の思い出のブログはこちら

三津五郎丈の役で好きだったのは、
『蘭平物狂』蘭平です。息子の繁蔵の名を呼ぶ声が、今でも忘れられません。(2009年2月の観劇録はこちら

思い出の観劇録を記します。
歌舞伎を見始めて、自分の感じたその面白さを皆に知ってもらいたくて、歌舞伎を観る度に「ここが面白い!」と書いていた時期がありました。
そこにはいつも三津五郎丈の姿があったことを、観劇録を振り返って痛感しました。
日本の伝統芸能を知るきっかけと、奥深く知る喜びを教えてくれたことに感謝します。
三津五郎丈、ありがとうございました。これからも歌舞伎を見続けていきます。ご冥福をお祈りいたします。

『喜撰』喜撰法師(2008年5月の観劇録はこちら
『将軍江戸を去る』将軍慶喜
そして勘三郎丈との名コンビぶりで客席を沸かせた『浮かれ心中』太助(2008年4月の観劇録はこちら
『通し狂言 怪談 牡丹灯籠』原作者の三遊亭円朝に扮していました(2007年10月の観劇録はこちら
『ゆうれい貸屋』桶職弥六。弥六の男っ振りが気に入った幽霊のお染に中村福助丈。(2007年8月の観劇録はこちら)
新作舞踏劇『たのきゅう』(2006年8月の観劇録はこちら
『南総里見八犬伝』では、左母二郎から犬山道節への早変わり(2006年8月の観劇録はこちら
『傾城反魂香』又平(2006年5月の観劇録はこちら
『権三と助十』助十(2006年5月の観劇録はこちら
『伊勢音頭恋寝刃』(油屋、奥庭)福岡貢(2005年8月の観劇録はこちら


スポンサーサイト
花道会 歌舞伎セミナー(11/17)
花道会57回イヤホンガイドの解説でお馴染みの、塚田圭一氏が代表を務める花道会
花道会の会員でなくても参加できるのが魅力です。

歌舞伎俳優から裏方さんまで、ベテラン、大御所から若手まで、歌舞伎に関わる人々のお話しを、歌舞伎ツウでなくてもわかりやすく話を聞き出す「歌舞伎セミナー」。
イヤホンガイドの立体版、というところでしょうか。

・・・という前置きは、花道会のご紹介として毎度掲載させていただくことにして、
3月に、花道会開催50回記念のゲストとして坂東三津五郎丈(参加時の様子はこちら
5月に、中村壱太郎
今年は既に2回参加しました。
毎回楽しみなのは、歌舞伎に関わる方々の文字通り素顔の話が聴けることです。
中でも一貫しているのは、多くの方に歌舞伎を気軽に観て欲しいと語る言葉。

2011年11月の中村亀鶴丈の回でより具体的に語られていたのは、
「歌舞伎や邦楽に馴れ親しむためには小さい頃から歌舞伎を見せてあげて欲しい。
マナーは行っているうちに覚えるから」と。
そして歌舞伎小屋のシネコンシステム構想の話は魅力的でした。
歌舞伎座に小劇場もあればいいですね。
東銀座の歌舞伎座に行けば、様々な趣向の舞台を何か必ずやっているとか、低価格で観られるとか。
自らが大きくなってから歌舞伎の世界に身を投じたからこその役者の心がけにも共感しました。

そして、今回の坂東亀三郎丈。
今年37才の彼も、世間に向かって歌舞伎を観て欲しいと呼びかけています。
twitterを駆使し、歌舞伎役者としての、時には野球を愛する青年としてのつぶやきだとか、
歌舞伎ファンに向けて写真入りの筋書き発売情報だとか、
情報満載で読み応えがあって臨場感のあるつぶやきです。
亀三郎さんのtwitterアカウントは @otowayabando

セミナーの冒頭では緊張されていた感がありましたが、参加者の質問で次第に打ち解けた様子にこちらも笑みがこぼれました。

「劇場へは一人で来ないでください」との呼びかけも。
グループで来て観た芝居について、あーだこーだ意見交換して欲しいのだそうです。

その亀三郎丈、過去に現代劇の舞台にも出演されています。
私が観たのは、作・清水邦夫、演出・蜷川幸雄『我が魂は命の水なり』(2008年5月の観劇録はこちら)
私が亀三郎さんを知って注目し始めたのは、この六郎役です。
稽古が始まってから体重が12、3キロ減るほどの大変な舞台だったそうで、「(演出の蜷川さんから)灰皿が飛んできたら捕るつもりでいました」という野球好きならではのコメントも飛び出しました。
そして、作・スタンダール、演出・赤澤ムック『赤と黒』(2009年10月の観劇録はこちら

今後、また現代劇に出演したいですか?の問いに、「出たいです」と。
歌舞伎も含めてセリフの多い役どころへの意欲があるようで、現代劇も大きな劇場で、と。
実現させていただきたいものです。

ところで「花道会」で質問できなかったフォロワーのために、セミナー後にはtwitter上で時間限定で質問を受け付けたりと、その心意気と配慮は嬉しいですね。
双方向で、まず役者に興味を持って、劇場へ。も、楽しいことでしょう。

11月の吉例顔見世大歌舞伎通し狂言 仮手本忠臣蔵」四段目にも出演されていますが、引き続き12月の十二月大歌舞伎」では四段目と七段目に出演とのこと。
11月と12月は同じ演目を配役違いで上演するという、なかなか興味深い趣向です。
※公演の詳細は歌舞伎公式サイトで。
※チケットの購入は【チケットWeb松竹】で。

☆歌舞伎座さよなら公演第6巻(DVD)
 歌舞伎座さよなら公演で上演された吉例顔見世大歌舞伎(平成21年11月公演)
通し狂言 仮名手本忠臣蔵」を収録
歌舞伎座さよなら公演 吉例顔見世大歌舞伎/十二月大歌舞伎 (歌舞伎座DVD BOOK)歌舞伎座さよなら公演 吉例顔見世大歌舞伎/十二月大歌舞伎 (歌舞伎座DVD BOOK)
(2011/04/01)
河竹登志夫、安孫子正 他




4月 おくだ会
おくだ会4月歌舞伎ソムリエの肩書を持つ、イヤホンガイド解説員おくだ健太郎さん。(おくださんの公式ブログはこちら

その昔、私が歌舞伎に関心を持ち始めた頃、おくださんを知る友人から、こちらの会をご案内いただきました。
その月の演目にちなんだお話であったり、注目の役者さんのお話であったり、時には歌舞伎のゲストが招かれたりと、その時によって話題は様々。
歌舞伎の舞台とともに、すっかり会にも魅了されました。

都内数か所で開催、お茶を飲みながら、ゆったりとお話しが進みます。

久しぶりに、4月は歌舞伎座のすぐ横にある喫茶店「樹の花」で開催された会に参加しました。

こちらはかつて、ジョン・レノンも訪れたという老舗の喫茶店。
おくださん自身も、学生時代アルバイトをしながらお隣の歌舞伎座に通っていたそうです。

新しくなった歌舞伎座の横で、再び当時のお話を伺いました。
大向こうの会に入った時のこと、歌舞伎役者に信頼されていた大向こうさんのこと、そして四月の歌舞伎座のこと。
新しい歌舞伎座の、新しい試みの「字幕ガイド」について、ご自身の担当されたパートの制作秘話も。

お店のコーヒーと、おくださんが持参された歌舞伎座土産をいただきながら、歌舞伎好きの人々と過ごすひと時。

一方的な講義と違い、小さな空間で、気になることはご本人に気軽に伺うことができるので、ますます歌舞伎が好きになります。

次回、5月のおくだ会のご案内は、こちら

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

新しい歌舞伎座三階席 と 字幕ガイド(4/6)
歌舞伎座3階新しい歌舞伎座の3階席から、本日は第三部を観劇。
やはり三階席は一階席よりも座席の間隔がずっと狭かった・・・。
でも、今後もお世話になる三階B席。
まずは花道のスッポンまでは見えることにホッとしました。
六月の歌舞伎座公演、『助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)』。
2008年1月の同演目観劇の折には、苦い思い出があります。(当時の観劇録はこちら)。
抜粋しますと、「傾城の揚巻(福助)が酔って花道をゆったり歩く様子、そして助六登場の場面は、演じる團十郎曰く「かたる」様子(かたると言っても、足を踏み鳴らして歩く様のことだそうです)、それが全く見えないのです。」

その後に上演された助六は、奮発して一階席で観ました。

写真で、花道のスッポンまで見えるのがわかるでしょうか。
6月は、この三階席から観てみようと思います。


そして、目で解説を楽しめる字幕ガイド(詳細はこちら)を、試してみました。
初日の様子で述べたことを、一部訂正。
字幕ガイドを前の席に取り付けられるのは、一階席と二階席のみ。
三階席では、取り付けるスペースはありません。
膝の上に乗せておいても見えるので、始終手に持っている必要もないでしょう。

電源さえ入っていれば、お芝居に合わせて字幕が自然に入って切り替わります。
選べるのは、「台本を読む」のか「解説を読む」のか。

本日の第三部の演目は、『盛綱陣屋』と『勧進帳』。
古典の作品で、セリフをそのまま聴いていても話の筋を理解するのは難しい。
解説が頼りになります。
芝居を飽くことがありません。
「紅葉の木に注目してください」「ここでは解説を控えます」というような文が出て、舞台への集中を促すこともあります。
個人的には同時解説のイヤホンガイドが好みですが、一度は試されてはいかがでしょう。
4月中の利用料は半額の500円です。

三階席の下手側の廊下には、以前の歌舞伎座にも掲げられていましたが、今は亡き名優のお写真がずらり。
そこに中村勘三郎丈と市川團十郎丈のお写真があることが、今でも信じ難いのです。観客にとって。

(新しい歌舞伎座 三階席にて)

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

第5期 歌舞伎座新開場初日(4/2)
新しい歌舞伎座初日4月2日、新しい歌舞伎座が開場し、初日を迎えました。
午前10時すぎには、開場を告げる「一番太鼓の儀」が行われたようです。

観劇好きには、新しい劇場は放ってはおけない感じです。
ましてや歌舞伎好きには、閉場式以来、待ちに待った開場初日。
2010年の四月の舞台から、何人の歌舞伎俳優が開場を待たずにこの世を去ったことでしょう。
あの時は再び同じ配役で観られるものだと思っていました。

あいにくの雨。
地下鉄の通路から直結と聞いていたのですが、エスカレータで地上へ一旦出てから、地上の劇場入り口からの入場となります。

一階席で座席の間隔の広さは実感できたものの、休憩中に居場所が無い、というのも痛感しました。
以前の第4期歌舞伎座は、客席の両側に売店が立ち並んでいました。
特に下手側のフリーの店舗エリアでは、稽古が行われるほどのスペースがありました。

今は一階には一般のお手洗いも無く、桟敷席の出入り口は細長い通路のみ。
その分、エスカレーターが上手、下手両側に設けられているのだから、文句は言えません。
店舗は上手側にまとめられていました。
人形焼の実演販売があります。
残念ながら、以前のようなお祭りの出店感覚はありませんでした。
喫茶室 檜 は健在。
場所こそ変わりましたが、観劇以外のお客も利用することができます。

カウントダウン初日初日は一部と二部を通しで観たので、その間の休憩時間にどこにいればいいのかと場内を散策しました。
二階席にはロビーと言える場所は無く、長椅子が一つか二つ。

三階席には、従来は「めでたい焼き」屋さんのスペースしかありませんでしたが、こちらに店舗が立ち並びます。
そして下手側に、立って利用できるテーブルがいくつか。
たい焼きを買って、ここで友人と談笑することにしました。
やはり居場所を求めてか、役者の奥様もここで待機しているご様子。

かわいい坊やがトレードマークのカレー屋さんは、入らなかったようです。
吉兆」が三階に移ったことに驚き、後ろにオフィスビルをしょっている構造なので、余分にスペースを取れない事情も推察しつつ、この先50年、100年を見据えて建て替えられた新しい歌舞伎座との長いお付き合いの仕方を考えてみようと思いました。

三階席をのぞいてみると、どの席からも花道のスッポンまでは見えそうです。
京都の南座を思わせる傾斜ですが、席の間隔は以前より広め。
もしかすると一幕見席からもスッポンが見えるのでしょうか。

座席数が以前に比べるとずっと減りましたが、舞台との距離は縮まったかもしれません。
席数が少ないということは、くつろぐ場所も減るわけです。
そうなると、俳優祭ではどこに出店が・・・と余計な心配をしてしまいましたが、
「観る」ということに重点を置いた、あれこれ考えて作られた劇場、という気がしました。

音声だけのイヤホンガイドの他に、目で解説を楽しめる字幕ガイド(詳細はこちら)が始まりました。
前の席に磁石で取り付けられるので、(最前列以外)手に持っている必要はありません。
初日はイヤホンガイドを利用しました。
(第一部の演目は、新開場の杮葺落を寿ぐ新作の舞踊もあるので、楽しむために利用をおススメします)
字幕ガイドは、次回、三階席で利用してみるつもりです。
(四月中の利用料は開場記念特別料金で半額の500円)

観客としても十二分に工夫して、この空間を楽しもうと思います。

※四月の演目については、歌舞伎公式総合サイトで。

(新しい歌舞伎座にて)

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術